2011年02月15日

会津へ旅行に行って来たよ。【二日目編】

翌日は一人朝7時に起きて朝風呂を満喫。
戻る頃には全員起きて、朝の景色を楽しんでおりました。

nat_10.jpg

朝食は地元特産物を網羅した、漬け物の大祭典のような内容。
日本人に生まれて良かったと思える味に大満足!

その後早々に着替えを終え、向かうは飯盛山。
歴史ある建造物をじっくりと見物してのハイキング。
予報では吹雪と言っていたにも関わらず、
パラパラと軽い雪がチラツく程度でした。

nat_11.jpg

お参りやおみくじなとも引いてふもとに戻ってくると
またもやおじさんに捕まる(笑)

お言葉に甘えて中で軽食。
あわまんじゅうやら、味噌田楽やら、
甘酒やら漬け物やら出てくる出てくる(笑)
ちょっとした買い物なども済ませ、次は喜多方へ!

nat_12.jpg

喜多方ラーメンで有名な「坂内食堂」へやって来た。
正直、今までに食べた喜多方ラーメンはイマイチだったので
余り期待していなかったんだけど・・・・・最高にうまかった。
歴代醤油ラーメンTOP3に入るくらいうまかった。
うますぎて写真撮るの忘れててコレしかないw

nat_13.jpg

ちなみにTOP1は篠崎にある「勝」ね。
http://r.tabelog.com/tokyo/A1312/A131205/13008094/

我々が入った頃はそんなに並んでいなかったんだけど
食べ終わった頃には外にまで大行列が出来ていて凄かった。
やっぱりみんな美味しい所わかってるんだねぇ〜。

帰りは、道中見つけたお菓子屋に超反応した三澤秋。
ここでも「甘酒無料」ほんとなんなんだこの地域は。
和菓子もとても丁寧な作りで上品な味だった。デザートに最高だ!

nat_14.jpg

次に訪れたのは「大和川酒蔵北方風土館」
歴史ある酒蔵で、日本酒の歴史や製造工程を案内してくれるのだ。
さらに最後には新酒の試飲を無料で提供してくれる。
中でも一番高級な名酒が「いのち」という最高級酒。
年に300〜400本しか作る事ができないという幻の一品。

nat_15.jpg

何とこれを400円で飲ませてくれると言うじゃないかぁ!
この味にはみんな感動。日本酒NGな女性陣まで気に入ってしまった。
とてもレアな体験をしたよ。今回の旅行で日本酒にうるさくなったかも。

そしてお次は会津に戻り「会津慶山焼 絵付け体験」をやる事に!
一度焼きした湯のみや皿に自分のデザインを描いて行くというイベント。
各自それぞれの個性を存分に出した作品になりました。

nat_16.jpg

作業中の皆の集中っぷりったらなかったよ。まさに無心。
本焼きを入れて完成品が届くのは一ヶ月後だってさ。楽しみ!

その後コンビニなどで夜食や酒を購入し一旦ホテルへ戻り、
ホテルから歩いて行ける距離にある「庄助の宿 瀧の湯」へ突貫。
風呂は撮影禁止なのでここでも見ておくれ。「http://shousuke.com/
目の前の雪景色と川のせせらぎを聞きつつ、サラサラと粉雪が舞う露天風呂。
いや〜・・・・いやぁぁぁぁぁぁ・・・・iine。

ポカポカなままホテルに戻ると丁度夕食のお時間。
囲炉裏の部屋へ案内されると、イワナが!イワナが!

nat_17.jpg

たまらん!こりゃたまらん!うひぃ〜!
キッキッキ・・・コッコッコッコ・・・カカカカカッッ!!
福本は置いておいて、大満足なメニューでありました。

夜は引き続き大富豪。
DS版テトリス、メテオスで大対戦を繰り返しあっという間に就寝時間。
酒浸りだったけども、そこまで潰れる事もなく気持ちよく朝を迎えるのであった。

nat_18.jpg

以降、三日目に続く!
posted by onoken at 00:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/43427036
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック